いつ終わらせる!?夏休みの宿題

いつ終わらせる!?夏休みの宿題

こんにちは。
ジスタオンライン教室です。

3期制のところは今日が終業式で明日から夏休み、2期制のところは今日が夏休み前最後の授業で明日から夏休み、といったところが多いと思います。

今回は永遠のテーマ、夏休みの宿題はいつ終わらせるべきかについて塾人の意見を述べたいと思います。

最適なのはいつ?

結論、最適なのは「7月中」です。2期制の中学校の子はなおさらです。(読書感想文、工作、自由研究、習字、ポスター等実技系は除く)
私が以前、勤めていた塾では小中学生ともに夏期講習の宿題がかなり多いため、夏休み開始1週間はあえて休校期間にして、「学校の宿題をやる期間」を設定していたくらいです。

これは一理あるな、と思います。

特に、2期制の中学では夏休み明けに定期テストがあることが多く、お盆明けにはテスト勉強も開始したいところです。夏休みの宿題を先延ばししすぎると、宿題が終わらないがためにテスト勉強ができませんでした・・・、ということにもなりかねないからです。

効率のいい終わらせ方ってある?

では、できるだけ効率よく終わらせる方法は・・・?と聞かれたら、この2つです。
1、すべての宿題をいつまでに終わらせるか決めること
2、簡単なもの、単純なものから終わらせること

1に関して言うと
夏休みが終わるまでに終わらせればいいか・・・では絶対に終わりません。
〇月▲日、にすべての宿題(読書感想文、工作、自由研究、習字、ポスター含む)を終わらせる、と自分で決めましょう。
理想は8月第2週までですね。今年でいうと、8月15日(日)ですね。

2に関して言うと、
漢字、計算、一問一答系のプリントなど、あまり労力を使わない系、やってしまえばはかどる系を先にやるのがおススメです。
逆に面倒なものからやろうとすると、見ているだけでやる気がなくなったり、どうやってやろうか考えているだけで終わってしまったりしてしまって、先に進めず時間だけ過ぎてしまうということにもなりかねません。

もちろん、読書感想文とか工作の方がはかどりそう、って人はそっちが先でもいいですよ。
管理人も実は作文系や工作系の方が好きで、やっていて楽しいのでそっちを先にやる派でした(笑)

いや、わかってるんけどできないんですよ・・・

わかります。
日も長くなっていますし、部活がさらに本格化したり、習い事や塾の集中特訓などがあったりして物理的に時間が取れない

時間はあるんだけど、やる気が起きなくてなかなか着手できない

両方の声があると思います。

ただ、どんな事情があれ、先延ばしにしていいことはありません。
長期休暇の取り組みは、やはり学校の先生もちゃんと見ています。
先延ばしすればするほど、焦って字が乱雑になったり、やっていない箇所があって、あとで先生に指摘されたりと、完成度の低い宿題を提出することになってしまい、いいことはありません。

簡単な解決方法は誰かと約束すること

いつまでにやるか決めた、とりあえず漢字からやってみようと思う・・・でも、机に座ろうと思うと、横に置いてあるスマホが気になって・・・

結局、先延ばしになっちゃうんです

という人は、自分以外の誰かと夏休みの宿題をする約束をしましょう。

そうすれば、もう物理的にやるしか選択肢がなくなります。

オンライン教室でも、オンラインとオフラインで宿題のサポートを実施します。
オンライン教室と約束するというのも手ですよ!

オフライン 宿題サポート企画
7月26日(月) 17:30~22:00 
平針旧公民館(愛知県名古屋市天白区平針4丁目1807)

オンライン(zoomにて)宿題サポート企画
7月24日(土)、7月31日(土)、8月7日(土) 12:00~20:00


参加費無料

お問い合わせはこちらから
必要事項をご記入の上、その他自由記述欄に参加されたい日時をご記入ください。
例 オフライン宿題サポート 7/26 17:30~19:30
オンライン宿題サポート 7/31 13:00~15:00

任意の宿題ってやった方がいいの?

最近、学校によっては、読書感想文や工作、習字などの宿題は強制ではなく、任意のところが増えている気がします。そこで多くの生徒さんに聞かれるのが、こういうやってもやらなくてもいいって言われた宿題ってやった方がいいの?ということです。

得意ならやったほうがいい

これに尽きます。
提出する人しない人といるわけですから、提出すれば通知表に加算してくれる先生もいるでしょうし、
賞がとれるなら通知表に書いてもらうこともできます。

ただ、費やす労力も時間も人によるものなので、苦手だし、めちゃめちゃ時間がかかりそうならあえてやる必要はないと思います。

習字を長年習っていて、有段者なのであれば出さない手はないです。



いかがでしたでしょうか。
夏休みの宿題について、さまざまな意見が取り交わされる昨今、
管理人個人は、夏休みの宿題とはその子の学力は関係なく、「計画性」を養うとてもいい練習だと思っています。
いつもの宿題と違って期限に比較的猶予があるため、「いつまでにやるか」という計画性が非常に大事になってきます。
”締め切りを自分自身で決めてもらうこと”これは絶対、本人にやってもらわなければなりません。
”締め切りに対してやりきること”に関しては、なかなか思うように進まないのであれば、誰かと約束したり、アドバイスをもらったりしながらも、「やり切った」という経験を積ませることが大事だと考えています。